いしかわ景観賞を受賞
石川県では県民のみなさんの景観形成に対する意識を高めることを目的に、「いしかわ景観大賞」を実施しており本年で20回目を迎えました。
この20回目の「いしかわ景観賞」に、真柄・吉田特定工事共同企業体の建設した金沢市立小立野小学校が選ばれました。
金沢市の「金沢都市美化文化賞」につづいての連続の受賞です。
この建設に携わった関係者のみなさん、ご協力いただいた職人のみなさんおめでとうございます。
「いしかわ景観賞」とは、良好な景観の形成(保全または創出)に貢献している団体又は個人を顕彰し、景観の形成に対する県民の関心や意識の喚起及び高揚を図ることを目的としている賞で、これに選ばれることは、たいへん名誉なことです。
表彰式は平成26年1月29日 行政庁舎4階特別会議室でとりおこなわれ石川県景観審議会の大場吉美会長より授与されました。今回受賞した金沢市立小立野小学校 (小立野4丁目)、は、住宅が密集する小立野台地上にあって、周辺住宅地に合わせて軒高を低く抑えた校舎群と敷地内に歩道を拡げ雁木のプロムナードを設けるなど、ゆとりある景観を創出しているというのが受賞理由です。
今後とも良好な景観の形成に貢献できるよう建築物を通して、快適で魅力ある都市空間の形成に貢献できるよう、努力してまいります

金沢市立小立野小学校

2014年02月04日