能登島グラウンド建設で感謝状を授与される

   平成25年3月23日、七尾市能登島グラウンドのオープンにともない、施工に尽力した11社を代表し、吉田道路株式会社が感謝状を授与されました。
   能登島グラウンドは、七尾市が統合により使われなくなる能登島中敷地を活用して、サッカーグラウンド2面を備えた合宿拠点の整備のために建設したものです。
   当社の施工した、和倉温泉多目的グラウンドなどを利用した合宿や大会数が順調に増加していることから、新拠点の整備によりさらに合宿や大規模大会の誘致を加速し、能登島や和倉温泉での宿泊客数増につなげるのが目的です。  
   今回採用された人工芝は、アストロ社製の45mmのロングパイルです。今回は緑色のカラーゴムチップと人工芝の下にショックパットの敷設を採用したため、天然芝のようにナチュラルで美しく、またプレーヤーの膝の負担が軽減されプレイしやすいと七尾市からの評価も上々です。
   前回の和倉温泉多目的グラウンドに続く今回の本格的なロングパイルコートの施工実績により、人工芝事業に一層弾みがつくことが期待できます。

参加業者を代表して、吉田道路が七尾市長より感謝状を授与されました

授与された感謝状

完成した能登島グラウンド。この新拠点の整備により、さらに合宿や
大規模大会の誘致を加速していくのがねらいです

ロングパイル人工芝の表面。芝のパイルの隙間に緑色のカラーゴムチップが敷設されている

2013年04月11日