HOME全量買取制度産業用太陽光発電 目次>6. 大きな屋根と50KWの低圧連携が有利

大きな屋根と50KWの低圧連携が有利

屋根は基礎工事がいらない、低圧だとキュービクルがいらない

太陽光発電の設置で有利なのは大きな屋根と、50KW以下の低圧連携です。
大きな屋根は、南に向いていれば既に最適な30度程度の傾斜がついており、高所にあるため影の影響も少なくフェンスも必要ありません。
なにより、地上設置と違い基礎工事が必要ないので、その分費用がかかりません。
50KW以下の低圧連携は、低圧の状態で電力会社に買ってもらうため、キュービクルなど、高圧では必要な機器・手続きが必要なく有利です。
工場、倉庫など広い屋根をお持ちの会社は、ぜひ検討するべきです。
広い屋根がない方は、吉田道路の低価格の約200坪の土地と50KW太陽光発電所をセットにした土地付き50KW太陽光発電所パックをご利用ください。
詳しい内容をお知りになりたい方は、電話でお問合せいただくか、下記のボタンを押した先のメールアドレスに「詳しい内容を聞きたい」、「利回りシミュレーションを希望」という主旨の内容を記入してお送りください。
当社アドバイザーが、親切に対応させていただきます。







ページ上部に戻る↑