HOME全量買取制度産業用太陽光発電 目次>2.全量買取り制度スタート

造った電気は全量買取制度で電力会社が買ってくれます。

10kW以上の太陽光発電システムで造った電気は、
通常の24円より高く 32円(税抜き)円で20年間電力会社が買ってくれます

2012年7月から、再生可能エネルギー固定価格買取制度がスタートしました。 この制度では、10kw以上の太陽光発電から発電される電力は、電力会社が全量を42円(うち消費税2円)で買取ることが義務づけられました。2014年7月現在では買取価格は32円(税抜き)に改訂されています。設置費用を低く抑えることができれば収支がプラスになるため、値下げられた今でも 20年間の長期安定収入を得られる優良投資としてまだまだ期待ができます。。





ページ上部に戻る↑